化膿性脊椎炎の診断治療に迷った時に読むCase Report 10選

 

①乳児の化膿性脊椎炎

2週〜13週の乳児の4例の報告。黄色ブドウ球菌による感染では椎体の溶解が起こる。6日以内の抗生剤治療では4例中3例で再発し、再発後90日の抗生剤治療を要した。

J Bone Joint Surg Br. 1982;64(1):32-5. [PDF]

②経過の良い化膿性脊椎炎でもMRIは悪化

55歳男性が頚椎椎弓根切除後、化膿性脊椎炎となり治療を受けた。5ヶ月後、臨床症状も改善し、炎症反応も正常化していたが、フォローアップMRIでは骨髄炎の悪化を示した。

JAMA Intern Med. 2014 Feb 1;174(2):184. [PDF]

③リウマチ熱で弁置換術後の化膿性脊椎炎

小児期のリウマチ熱で大動脈弁逆流症の生体弁移植を受けた64歳男性。受診時40℃の発熱、脊椎に圧痛、収縮期雑音がありましたが、心エコー正常でした。診断は感染性心内膜炎に続く、腰椎化膿性脊椎炎であった。

Br Heart J. 1994 Sep;72(3):298.  [PDF]

④脊椎骨折後のセラチア化膿性脊椎炎

40歳イスラエル人男性、墜落によるL2破裂骨折後、39歳女性、腹部穿通外傷によるL2,3椎体損傷後.骨折後数ヶ月してから神経学的異常が出現している。

J Bone Joint Surg Br. 1989 Mar;71(2):256-8.  [PDF]

⑤溶血性貧血患者ののクリプトコッカス化膿性脊椎炎

17歳中国人女性。溶血性貧血とクリプトコッカス化膿性脊椎炎の合併例。髄液の培養、骨髄生検などで診断。

Medicine (Baltimore). 2016 Feb;95(5):e2613.  [PDF]

⑥ブルセラ症による化膿性脊椎炎と腸腰筋膿瘍

46歳のペルー人女性。非殺菌のヤギチーズを定期摂取によるブルセラ症・化膿性脊椎炎。8ヶ月に及ぶ発熱、腰痛で受診.

Am J Trop Med Hyg. 2011 Mar 4; 84(3): 363.  [PDF]

⑦口腔咽頭感染からの上位頚椎の化膿性脊椎炎

57歳の健常男性、3週間続く頚部痛、咽頭痛で受診.
discussionでは口腔咽頭感染からの咽頭後壁膿瘍となり、化膿性脊椎炎をきたしたと記載。この時代はMRIが導入されたばかりなので、MRIが早期診断に有用として結びの言葉とされていることが印象深い。

West J Med. 1992 Mar; 156(3): 306–308.  [PDF]

⑧E.coliによる化膿性脊椎炎

E.coliによる尿路感染症後数週から数か月後に起きた化膿性脊椎炎。56歳男性と64歳女性の2症例.

Can Med Assoc J. 1984 Apr 15;130(8):1025-8.  [PDF]

⑨化膿性脊椎炎のMRI

63歳男性の黄色ブドウ球菌による胸椎の化膿性脊椎炎.CT・MRI画像の臨床画像共有のCase report.

N Engl J Med. 1993 Aug 5;329(6):399.  [PDF]

⑩サルモネラ骨髄炎

12歳男児のサルモネラ骨髄炎。サルモネラ骨髄炎は、骨髄炎全体の約0.45%と非常に稀.

J Bone Joint Surg Br. 1988 May;70(3):440-2.  [PDF]

医師医学生専用のQAサービス

「AntaaQA」は診療中の疑問を医師が互いに答え、知識をシェアする医師専用のサービス。
いますぐ10秒でユーザー登録!

Antaa QAに10秒で登録する。

  コメント - Comments -

コメントは公開されません。


>現場の判断を助ける、医師同士の質問解決プラットフォーム

現場の判断を助ける、医師同士の質問解決プラットフォーム

「外来で、専門外の症状の診断に不安がある。経過観察をしようか迷う」「当直で、レントゲンで骨折を疑ったが、読影に不安がある。他に人を呼ぶべきか判断に迷う。」そんな時は、AntaaQAでいつでも即相談。第一線を走る医師たち・同じ悩みをもつ医師に質問ができ、判断に迷ってたあなたの悩みを解決に導きます。

CTR IMG