異分野をつなぎ、声を届ける。みんパピ!座談会〜みんなで知ろうHPVプロジェクト〜【配信後インタビューVol.1】

2020年10月7日水曜日、AntaaではHPVワクチンの啓発や普及に取り組む「みんパピ!みんなで知ろうHPVプロジェクト」を牽引する稲葉可奈子先生と木下喬弘先生にご登壇いただき、オンライン配信を行いました。

配信アーカイブはこちらから!

日本におけるHPVワクチン接種率の低さを危惧し、その啓発と普及に取り組まれていらっしゃるお二人。Antaa編集部ではオンライン配信の終了後にインタビューの機会をいただき、団体設立の背景や今後の展望などについて伺いました。上記アーカイブ動画とあわせて、ぜひご覧ください!

稲葉可奈子先生、木下喬弘先生プロフィール

稲葉可奈子先生
関東中央病院産婦人科医専門医・医学博士
みんパピ!みんなで知ろうHPVプロジェクト 代表
(Twitter:@kana_in_a_bar)

木下喬弘先生
医師・公衆衛生学修士
みんパピ!みんなで知ろうHPVプロジェクト 副代表
(Twitter:“手を洗う救急医Taka” @mph_for_doctors

多様なメンバーが集い、みんパピ!いざ始動

医師だけでなく、行動科学や経営、法律の専門家などもメンバーに迎え入れ編成された「みんパピ!」。そんな多様性豊かなチームをどのように編成されたのか、また啓発活動を通して感じたハードルなどを伺いました。

Antaa編集部
このチームはどのようにして編成されたのでしょうか。
木下先生
もともと医師の力だけではダメだと思っていました。たまたま私は公衆衛生の大学院にいたので、そのつながりで行動科学が専門のメンバーにも手伝ってもらうことになりました。

私がTwitterでHPVワクチンについて何度か発信していたところ、「一緒に啓発活動を進めていこう」と声をかけてもらったのが、プロジェクトが始動したきっかけです。

医師はやはり、医学の知識を伝える際に難しい医学用語を使おうとしてしまいがちなので、一般の人でもわかるような広報をできるよう、彼らにもアドバイスをもらっています。

Antaa編集部
普段は別々のお仕事をされている専門家の方々が、こうして1つのチームでやっていくことに対して、ハードルを感じることはありますか。
稲葉先生
多くの医師は実を言うと、「情報を発信する」といういわゆる啓発活動にはド素人なのですよね。

配信でもお話したように、ターゲット層ごとにプロモーションのやり方を変えようとしていますが、言うほど簡単ではありません。そこを今まさに乗り越えようとしています。

例えば、全く関心のないターゲット層には、何かの折で受診してきたときに「みんパピ!」のリーフレットを渡すなども考えているのですが、そこにどんな情報を組み込むか一つを取ってもチームでかなり議論しています。

また、特にホームページの記事などは是非多くの方に見ていただきたいと考えていまして、先ほど木下先生がおっしゃったように、一般の方に広く見て理解していただけるように現在改良中です。ぜひお楽しみにしていてください!

Antaa編集部
様々な専門分野のメンバーの方がいらっしゃることで、多角的に物事を見て多方面からアプローチできるのは「みんパピ!」の大きな強みですね!

産婦人科以外の先生方もHPVワクチンの知識を

配信の冒頭で紹介した「あなたがHPVワクチンについて患者さんに聞かれたら?」というアンケート結果に対して、「自信を持って患者さんに説明することができる」と答えた回答者は57%に及びました。(Antaa公式Twitterアンケート結果より)

Antaa編集部
配信冒頭のアンケート結果を受けて、予想外だとお二方とも感心されていました。一般に、HPVワクチンに対する多くの医師の認識状況はどのようなものなのでしょうか。
木下先生
もちろん、産婦人科の先生方はきちんとした知識と説明能力があるのですが、一般的に接種世代のかかりつけ医である日本の小児科医の中で、HPVワクチンの説明に自信があるのは半分程度だという研究もあります

それ以外の診療科の先生方も、HPVワクチンについてエビデンスに基づいた説明をする十分な自信がないという方も、多くおられるのではないかと思います。

Antaa編集部
厳しい現状ですね、、。なぜここまで知識を持っている方が少ないのでしょうか。
木下先生

やはりHPVワクチンが初めは「子宮頸がんワクチン」として普及したからでしょうね。

そうなると産婦人科で扱うものになるのですが、そもそも接種の対象年齢の女の子たちが産婦人科にかかるケースは少ないですよね。そこが一番難しいところなのではないでしょうか。

Antaa編集部
そうなりますと、他の診療科の先生方ができることはあるのでしょうか。
稲葉先生
対象年齢くらいの女の子が何かのきっかけで受診してきたときに、「HPVワクチンはもう打った?」と声をかけていただくことを通して、少しずつ普及していければと思います。
木下先生
もちろんどのような広報用のリーフレットを作るかも大事ですが、それよりも「対象年齢の子にどうアプローチするか」という観点がとても大事だと思っています。

それこそAntaaで配信を見てくださった先生方や、この記事をご覧になった先生方がご自身のクリニックや外来にリーフレットを置いていただくなど、是非ご協力いただけたらとても嬉しく思います。

 

クラウドファンディングへの思い

「みんパピ!」では10月15日までプロジェクトに賛同していただける方からのクラウドファンディングを募っていらっしゃいました。この取り組みへの思いや願いについても伺ってみました。

Antaa編集部
まずは第一目標の400万円を達成されたとのこと、おめでとうございます。こちらに関する先生方の思いや今後の願いなどをお聞かせいただければと思います。
木下先生

もう既に一般の方を含め、多くの方々から多大な支援をいただいていて、本当にこれ以上ないぐらいの応援をいただいている、とも思っています。ただそれでもまだ達成できていないことがあります。

それは、テレビや新聞といったいわゆる「オールドメディア」に取り上げてもらって、ワクチン接種を推進することです。

ここはどうしても費用がかかってしまいます。これまではホームページの改良やリーフレットの作成に取り組んで参りましたが、これからは日本全国津々浦々、色んな方に届けられるようにと方針を少し変えて、最終目標に向かっていければと思っています。

Antaa編集部
ありがとうございます。稲葉先生はいかがでしょうか。
稲葉先生
既に当初の目標を大きく超える支援をいただいており、心より感謝しております。それだけ注目を集める、大きな問題であることを改めて認識しつつ皆さんの支援に応えられるようにより一層気を引き締めて取り組んで参りたいと思います。

今回のクラウドファンディングを通して、SNS上では、正確な情報が一般の方々にも広まりつつあるのを感じます。一方でまだ情報が届いていない方もたくさんおられます。誰もが無料で受ける権利のある定期予防接種について情報格差があってはいけないと思うのです。1人でも多くの方に広く啓発していきたいと思っておりますので、日本全国の医師の皆さんには引き続きご協力いただきたく思います。

クラウドファンディングの支援総額は、配信の1週間後に総額約2600万円ほどにのぼり、プロジェクトは達成されました!

稲葉先生、木下先生にとっての「つながり」とは?

配信の最後、司会を務めたアンター西山からの「先生方にとってつながりとは?」という恒例の問いかけに対し、先生方から「つながりは力だ」というお答えをいただきました

Antaa編集部
先生方にとっての「つながり」について、もう少し具体的にお聞かせいただけないでしょうか。
稲葉先生
日本全国の医師に私たちの思いをつなげていきたいですね。過去にも、「HPVワクチンを打ちたい」と病院に連絡すると、病院側がHPVワクチンの接種をためらった、という事例もあると聞きました。

HPVワクチンの説明や接種に不安を感じられている先生も実際いらっしゃると思います。そのような先生方のサポートも、みんパピ!の大事な役割だと思っています。少しずつつなげてつなげて、全国どこでも、みなさんが安心して接種できるようになったらと願っています。

配信の中でも、「つながり」を意識したスライドをご用意いただきました!

木下先生

僕も同感です。Antaaに登録されている皆さんは問題意識が高く、常に最新の医学情報を追っていることと思います。

インフルエンサーとなる先生方をはじめとして、Antaaから徐々にコミュニティを広げていけたらと思います。それこそが「つながり」であり、大きな力を持つものだと信じています。

Antaa編集部
そうですね、Antaaのコミュニティの皆さんと一緒にこうして学びを深め、そこからどんどん広めていけたら素敵ですね!

医師の皆さんへのメッセージ

Antaa編集部
最後になりますが、医師の皆さんへのメッセージをいただければと思います。
木下先生
繰り返しにはなってしまうのですが、何よりもこのHPVワクチンの問題について知っていただければと思います。

問題を理解して、そして是非私たちと一緒にこの問題解決に携わっていただければと思います。本当にそれに尽きますね。

稲葉先生
このHPVワクチンの問題は産婦人科だけで解決できる問題ではありません。
診療科の垣根を越えて、日本中の先生方のご協力が必要です

是非今後ともご支援、ご協力をいただきたく思います。

Antaa編集部
素敵なメッセージをありがとうございました。先生方の益々のご活躍と「みんパピ!」プロジェクトの発展をお祈り申し上げます。

本日は誠にありがとうございました。

 

現場の判断を助ける医師同士の質問解決プラットフォーム「AntaaQA」

「外来で、専門外の症状の診断に不安がある。経過観察をしようか迷う」
「当直で、レントゲンで骨折を疑ったが、読影に不安がある。他に人を呼ぶべきか判断に迷う」
そんな時、AntaaQAでいつでも即相談することができます。
第一線を走る医師たち・同じ悩みをもつ医師に質問ができ、判断に迷ってたあなたの悩みを解決に導く、医師同士の質問解決プラットフォームです。

医師医学生専用のQAサービス

「AntaaQA」は診療中の疑問を医師が互いに答え、知識をシェアする医師専用のサービス。
いますぐ10秒でユーザー登録!

Antaa QAに10秒で登録する。

  コメント - Comments -

コメントは公開されません。


>現場の判断を助ける、医師同士の質問解決プラットフォーム

現場の判断を助ける、医師同士の質問解決プラットフォーム

「外来で、専門外の症状の診断に不安がある。経過観察をしようか迷う」「当直で、レントゲンで骨折を疑ったが、読影に不安がある。他に人を呼ぶべきか判断に迷う。」そんな時は、AntaaQAでいつでも即相談。第一線を走る医師たち・同じ悩みをもつ医師に質問ができ、判断に迷ってたあなたの悩みを解決に導きます。

CTR IMG