ブスコパン 処方時のポイントは?

メルマガ特集第5回、始まります!

今回の記事はブスコパン錠の使い方についてです!
胃痛や腹痛によく用いられ、市販薬も出ている有名な薬ですね。
どの科であっても、処方された経験ある先生は多いのではないでしょうか?

しかし、メジャーな薬ではありますが、副作用や禁忌もあり、医師の中には使いづらいと感じる先生もいらっしゃるように思います。

今回はそんなお悩みについてのQ&Aです!

※連載:メルマガ特集とは

冬の時期の嘔吐下痢で来院…細菌性かも?

ブスコパンの使用についてお世話になります、
ちょうどこの冬の時期、嘔吐下痢で来院される方多々いらっしゃると思うんですがみなさんブスコパン(ブチルスコポラミン)どのように使われてますか?
どうしても腸炎などだと細菌性かもと思い腸蠕動抑制→菌の貯留と思ってなかなか使いづらく、使用したことがないものの、腸蠕動の痛みにはよく効くとか。
どのような下痢とかにどのように使われてますか?
原則禁忌
次の患者には投与しないことを原則とするが、特に必要とする場合には慎重に投与すること。
細菌性下痢患者[治療期間の延長をきたすおそれがある。]
ブスコパン錠は抗コリン作用を機序とした薬で、消化管や膀胱、子宮平滑筋の運動を抑制する効果があります。使用には、いくつか禁忌がありますが(閉塞隅角緑内障や、麻痺性イレウスの患者など)、「原則禁忌」の項目には、細菌性下痢患者があげられています。細菌性の下痢では消化管運動を抑制すると、便からの病原体の排泄が抑制されるので、治療期間の延長につながるのですね。
臨床の場でお腹の調子が悪くて来院された方で、感染性のものが否定できず、なかなかブスコパンを使えないというお悩みですが、どんな回答が得られたのでしょうか。
それでは回答を見てみましょう!

患者さんの症状の特徴などを見て、処方を変えている

基本的には、水様便が頻回で、感染性腸炎が疑われる方には、整腸剤を出して、水分摂取を促してます。あとは、その方の重症度とキャラクターに合わせて、飲みやすい、あるいは受け入れやすいものを処方することにしています。五苓散を出すこともありますし…

1人目の先生は、その患者さんの症状の特徴などを見て、処方を変えているとのことですね。たとえば、水様下痢頻回で感染性腸炎が強く疑われる場合や、そうでない場合などといった具合に、腸炎の患者さんでもその人の重症度や症状の特徴を見て処方を変えるそうです。
ちなみに、皆さんご存知だとは思いますが、感染症以外の腸炎には、過敏性腸炎、炎症性腸疾患、薬剤性腸炎などがあります。
ブスコパン含め、他の手段についても紹介して下さってるので、全文を見てみてはいかがでしょうか?
 

感染性胃腸炎の場合はやはりブスコパンは使いづらいく、ほとんど処方はしていません。症状が強い場合は、ラクテックなどの補液とアセリオを使用しています。その後は…

2人目の先生は、ブスコパンは使わずに、補液とアセトアミノフェンのアセリオを用いた、対症療法をとるとのことでした。
回答の続きでは、患者さんの様態の変化に沿った対症療法を説明して下さってます!
 

胃腸炎の蠕動痛にも効くのでしょうが、私もブスコパンではなくお腹を温める作用もある桂枝加芍薬湯を処方したりしています。
漢方を使う先生もいらっしゃるようですね。漢方をあまり使ったことのない先生もいらっしゃるかもしれませんので、桂枝加芍薬湯について効能を振り返ってみました。
中国・漢代の医学書『傷寒論(しょうかんろん)』に掲載されている古くからの漢方薬のひとつで、虚弱体質で、腹部膨満感があり、ふだんから胃腸が弱い人の下痢や便秘などに用いられる薬です。
過敏性腸症候群の下痢や便秘に用いられることがあります。どちらかというと下痢型に特に有効です。
この薬は「桂枝湯(けいしとう)」を基本に「芍薬」の量を増やした処方です。腸の過剰なぜんどう運動や緊張を抑えて、過敏性腸症候群を改善させます。
「桂枝加芍薬湯」は、「大黄」を含まない便秘薬として、「大黄」の刺激が問題になりやすい高齢者や妊娠中の女性の便秘にもしばしば処方されます。また腹部の膨満感や、頻繁(ひんぱん)に便意をもよおすのに少ししか便が出ないしぶり腹にも有効です。開腹手術後で腹部膨満感のある時や便通異常にも用いられます。

 

また、感染性腸炎で用いられる漢方としては「五苓散」がありますね。

漢方治療で下痢や嘔吐に最も使用されているのは幾度となく紹介している『五苓散(ゴレイサン)』です。喉の渇きを訴える患者さんには特に有効です。当院は小児科も併設しており、乳幼児には『五苓散』を水に溶かして肛門から直腸の中に注入したり、坐剤にして使用したりしています。『五苓散』は特に冬場の症状に有効です。効きが悪い場合や発症して数日経過して症状が改善しない場合には『五苓散』に『小柴胡湯(ショウサイコトウ)』を加えた『柴苓湯(サイレイトウ)』を用いたりします。

 重症の脱水になると、口渇もなくなり、水様下痢とともに手足が冷えてくる場合があります。このような場合には輸液と同時に『真武湯(シンブトウ)』を服用させると効果的です。同様の症状で嘔気・嘔吐もひどい場合には『人参湯(ニンジントウ)』を併用したりもします。いずれにせよ、体力が消耗しきっているときこそ、輸液だけでなく、漢方薬の併用はかなり有効と実感しています。

引用文では、さらにほかの漢方薬についても書かれています!
先生方によっても、使う薬は様々ですね。
今回は3つの回答を紹介しましたが、参考にしてみてはいかがでしょうか?


急性下痢症についての役立つ参考資料へのリンクもご紹介します!

今回の質問はブスコパンについてのものでしたが、この内容と関連してこちらの急性下痢症についてのガイドラインもおすすめです。是非お読み下さい!
亀田感染症ガイドライン 急性下痢症(外来編)

Antaa QAでは他の手段の紹介も!

これでメルマガ記事の第5回、ブスコパンの治療についてを終わります。 今回は先生方によって、対症療法を用いる方や、漢方を用いる方など、回答が様々でしたね。 いろんな選択肢を他の医師の方からもらえるのはとても素晴らしいですね!

AntaaQAに登録して、ほかのQAをのぞいてみたり、質問や回答をしてみてはいかがでしょうか?

 

メルマガ特集とは

Antaaのメールマガジンでは、臨床現場の日々の疑問や不安を解決するための情報をお届けしています。
この企画では、過去に配信したメールマガジンの中から、注目度の高いAntaaQA内の相談などをピックアップし、さらに情報を追加してご紹介いたします!
関心を集めた記事や情報と一期一会ではもったいない…!メールマガジンを読んでなかった方はもちろん、読んでいただいた方も、ぜひもう一度ご覧ください。

メルマガ特集一覧はこちらから。

メルマガを読むには?

メールマガジンは、AntaaQAに登録いただいている医師や医学生の方へお送りしています。
購読を希望される方は、AntaaQAに会員登録ください。

AntaaQAとは
現場の判断を助ける医師同士の質問解決プラットフォームです

「外来で、専門外の症状の診断に不安がある。経過観察をしようか迷う」
「当直で、レントゲンで骨折を疑ったが、読影に不安がある。他に人を呼ぶべきか判断に迷う。」
そんな時は、AntaaQAでいつでも即相談。
第一線を走る医師たち・同じ悩みをもつ医師に質問ができ、判断に迷ってたあなたの悩みを解決に導く、医師同士の質問解決プラットフォームです。

医師医学生専用のQAサービス

「AntaaQA」は診療中の疑問を医師が互いに答え、知識をシェアする医師専用のサービス。
いますぐ10秒でユーザー登録!

Antaa QAに10秒で登録する。

  コメント - Comments -

コメントは公開されません。


>現場の判断を助ける、医師同士の質問解決プラットフォーム

現場の判断を助ける、医師同士の質問解決プラットフォーム

「外来で、専門外の症状の診断に不安がある。経過観察をしようか迷う」「当直で、レントゲンで骨折を疑ったが、読影に不安がある。他に人を呼ぶべきか判断に迷う。」そんな時は、AntaaQAでいつでも即相談。第一線を走る医師たち・同じ悩みをもつ医師に質問ができ、判断に迷ってたあなたの悩みを解決に導きます。

CTR IMG