【イベントレポート】つながるちからフェス 第6部 SNS時代のスーパースター

5月24日(日)に行われた「つながるちからフェス」の様子をご紹介致します。

「つながるちからフェス」は医療現場の最前線で活躍する現役医師が一堂に会するオンラインカンファレンスです。当日は一日中、豪華ゲストが熱く議論し大盛況となりました。

今回はその中から第6部「SNS時代のスーパースター」を医学生インターン松木がお届けします!

登壇者紹介

中山 祐次郎先生(一般財団法人 脳神経疾患研究所付属総合南東北病院 外科)

消化器外科医14年目、発信医(医療情報発信のプロ)5年目。
「専門家自身による発信が医療情報の質を上げる」というテーマで活動中。
福島県総合南東北病院外科医長。外科専門医、消外専門医、内外技術認定医(大腸)、癌治療認定医、感染管理医師、臨床研修指導医。京大公衆衛生学修士。
医師の傍ら作家業も行い、新書3冊、小説2冊を出版。
Twitter:@NakayamaYujiro

 

宮本駿先生(しゅんしゅんクリニックP)先生 (よしもとクリエイティブ・エージェンシー)

医師歴13年目、芸歴は10年目
医者兼芸人兼アイドル。Twitterでの1日1回医療クイズが大人気。好きなキャラクターはくまのプーさん。
Twitter:@fleming_miya
Instagram:@shun.miyamoto
YouTube:しゅんP Channel

 

山本 健人先生(けいゆう先生)  京都大学医学研究科博士課程

消化器外科専門医。
ブログやSNS、書籍などを通して一般人の医療リテラシーを高めることを目標に活動中。
Yahoo!ニュース個人オーサー。医療情報サイト「外科医の視点」運営。時事メディカル、看護roo!などで定期連載。
著書に「医者が教える正しい病院のかかり方(幻冬舎)」「もったいない患者対応(じほう)」がある。
Twitter:@keiyou30

 

柴田 綾子先生(淀川キリスト教病院 産婦人科)

LINEbotにて妊娠や性相談を行なっている。著書に、「女性の救急外来 ただいま診断中」がある。
Twitter:@ayako700
HP:ラッコの妊娠相談室Lavoon 女性の応援隊

 

中山 俊(アンター株式会社 代表/翠明会山王病院整形外科)

「医療をつなぎ、いのちをつなぐ」をビジョンに医師同士がつながる場やサービスをSNSを用いて運営。
温泉、サウナが好き。
Twitter:@shun_nakayama_

 

SNSは多くの人に情報を伝えられる…が注意も必要

けいゆう先生
炎上によって医療全体の不信感に繋がってしまうことがあるので、SNSをやる上で炎上って重要なポイントだと思います。
先生方、炎上経験はありますか?
中山 祐次郎先生
755というSNSのアプリで、匿名で恋愛・合コン話を詳細にレポートしていたのですが、出版時に本名に変更しなければならなかった時に、炎上防止目的に運営にお願いして過去のログを削除したことがあります。

しゅんP先生
サングラスと髪型が強すぎて話が入って来ません笑
中山 祐次郎先生
Twitterでも匿名で恋愛について詳細に色々呟いている人がいますが、呟くときは全部晒される覚悟持ちましょう。
けいゆう先生
「これって実名だったら言えないよね。」という内容は、実際に誰かを傷つけたり医療業界に不信感を与えるものかもしれません。今一度投稿内容を振り返る必要がありますよね。
しゅんP先生
インスタグラムで医者あるあるをつぶやいたりするのですが、以前、「心臓血管外科医の先生は手術中に器具投げがち」とちょっと言った時に炎上し、「手術中に器具って投げるんですか!!!」「そんなことしていいんですか!!」というコメントが多数届きました。
自分としては、「心臓血管外科医の先生がとても一生懸命で熱中しすぎるあまりに器具を乱雑に置いてしまうこともあるよね!」という真剣さを強調するつもりで言ったつもりでしたが、思ったことをその通りに伝える難しさや、一般の方と医療者との認識の乖離を感じました。
中山 祐次郎先生
「それだけ一生懸命集中していたら投げることもあるんです!」と、一般の方に伝えちゃってもいいんじゃないですか?実際に投げてる外科医はいるんですから。
しゅんP先生
その辺りの伝え方も難しいですよね。
コメントにノっちゃうと白熱してしまうので、「集中しすぎて少し雑に扱ってしまうこともあるという意味で言いました、すみません!」と、収める方向で対応しています。語句選びはめちゃくちゃ気をつけていますね。
けいゆう先生
しゅんPさんのTwitterのクイズ面白いですよね。一般の人がすごい興味持ってくれてそうですよね。
エンタメとの融合は啓発に有効だと思います。たいてい医者がメディアに出る時は真面目な文化人枠で難しい話をすることが多いのですが、それだとある程度リテラシーが高い人にしか情報が届かないんです。しゅんPさんはご自身がエンタメって感じですもんね!
中山 祐次郎先生
人の命がかかっているから医療の話題ってセンシティブですよね。しゅんPさん、勇気あると思います。
あんな綺麗な方と婚約されてるし。
しゅんP先生
やかましいわ!!笑
けいゆう先生
続き行きましょう笑
柴田先生、炎上についてはどうですか?
柴田 綾子先生
そうですね。産婦人科なので生理とか会陰の話をしています。
以前、ツイート内容に医学的に間違っていることがあったんですよね。「これ間違ってる!!」という風に指摘目的でリツイートされて、拡散されてしまったことがありました。
間違った内容ほど拡散されてしまい、修正しようとした投稿は全然拡散できませんでした。その時にSNSで医学情報をつぶやくときは慎重にしないといけないと思いました。

中山 祐次郎先生
けいゆう先生の炎上経験は?
けいゆう先生
僕はツイートに表示された記事のイラストが誤解を招くものだったために批判されたことがあります。
記事を読んだら意図が分かるイラストだったのですが、イラストだけ見て中身を読まずに拡散する人が多いんですよね。
タイトルと投稿の文字だけ見てリツイートする人はとても多く、一度調べたことがあるのですが、ツイートに対するリンククリック率は2〜5%、押したくなるようなタイトルでも10%くらいでした。
柴田 綾子先生
そんなに少ないんですね!
けいゆう先生
そうなんです。イラストだけ見た人にも誤解のないような投稿を心がけています。今はイラストレーターに書いてもらったイラストの確認を、記事公開前に欠かさず行なっていますね。
中山 祐次郎先生
さすが日本最高峰のディフェンス力。
一緒に仕事しても原稿に入る赤の数が5倍くらい違います。
けいゆう先生
中山俊先生はどうですか?炎上。
中山
あまりTweetしないので炎上はないですね。
でもサービス内での炎上はあるかなと思います。
ツールによってすれ違いが起きて認識に違いが生じてしまい、社内で炎上してしまうことが会社を運営しているなかで悩ましいと思っています。チャットでのやりとりが苦手な人、声でのやりとりが苦手な人、逆にそれぞれが得意な人もいますよね。
サービスの機能や空気感、見せ方で和らげて、滑らかなコミュニケーションをできるように頑張っているところです。
けいゆう先生
Antaaへのクレームとかって来たことあるんですか?
中山
創業時が一番大きかったですね。
「なんでエンジニアでもない医者がサービス作ろうとしてるの?逆に危ないんじゃないか?」「自分で勉強できないのを人に任せようとしてるんじゃない?」というお言葉をいただきましたね。
しゅんP先生
僕も、新しいことを始めるときはめちゃくちゃ叩かれますね。いまだにたまにDMで「どっちやりたいんだ」「医者に専念しろ」とか言われちゃいます。でも、そこはしょうがないので気にしないようにしています。
中山 祐次郎先生

僕は専門領域のほぼすべての専門医をほぼ最速でとっていますが、ディフェンスのためという側面もあります。内容の妥当性も、説得力もどちらも高めるため。

今後どうやってSNSを使って行きたいですか?

柴田 綾子先生
リツイートが多いと正しそうな錯覚があることを問題に感じています。特に、女性の健康、生理や妊娠に関することはSNS、ネット上でまちがった情報やデマが多く出回っています。ですので、なるべく出典を記載するようにしています。
けいゆう先生
ソース、出典を明示すると、確からしさを第三者が確認できますよね。リテラシーの向上につながりますしね。
自分が目立ちたいというよりも、情報を受信する人が取捨選択できるようなノウハウを伝えていきたいです。
中山 祐次郎先生
僕は、SNSは友達を増やす目的で使っています!コミュニケーションツールです!
しゅんP先生
僕自身がフォロワーを増やして、信頼を勝ち取って、信頼できる先生のツイートを拡散したいです。
中山
医師医学生に情報を届けたいので、今まで通り、粛々とやって行きたいと思います。

SNSでの情報収集について

けいゆう先生
医療者って、情報を発信するだけではなくて、情報収集のプロである必要があると思います。
皆さんの情報収集のコツとは?
中山 祐次郎先生
一次情報はSNSからは収集しないようにしていて、論文に当たったり大学やWHOなど公的なところを参考にしたりしています。

SNSの使い方として「生活の知恵をゲットする」こともあります。

先日iPadを買ったのですが、使いみちに困ってしまいました。そこで「面白い使い方教えてください!」とフォロワーの皆さんに質問したらめちゃくちゃ有用な情報がたくさん得られました。

けいゆう先生
不特定多数に質問投げかけられるのがすごいところですよね!
しゅんP先生
自分自身が勉強して知識がないと、なかなか判断できない
信頼できる先生の情報をゲットするっていうのは1つの手だと思います。たくさんの医者をフォローしていると、1つの物事に対するいろんな医師の意見を知ることができるのでおすすめです。
柴田 綾子先生
自分の専門や関心以外の人のアカウントをフォローしています!自分の世界が広がります。
けいゆう先生

他の科の先生のアカウントをフォローするのめっちゃいいですよね!勉強になります。

中山
会いたくなる人を見つけるために使っている。こういう先生に会ってみたい、関わってみたいという目的で使っていますね!
中山 祐次郎先生
エモい!

 

先生方にとって「つながり」とは

しゅんP先生

自分を高めてくれるもの。

けいゆう先生

自分に足りないところを知るもの。

柴田 綾子先生

可能性を広げるツール。

中山 祐次郎先生

全ての人の人生の扉を開けるのは他人。つながりこそが人生を前に進める

中山

自分に気づきを与えてくれるもの。

医学生インターンの感想

SNSヘビーユーザーの私にとって、どの先生も「知ってる!!」という先生方でテンションが上がりました!
いつもはTweetのテキストしかみたことがなかった先生の声も聞くことができて、「お話ししてる!!」とさらに興奮しました。
一般の方に医療情報を届けることはとても難しいなと学生ながらに感じています。外来など通常の診療だと、医師1人に対し患者さん1人に医療情報を直接お話しできます。しかし、SNSを使えば医師1人で何万人、何十万人という一般の方に情報を広めることができます。そういった意味で、SNSを上手に用いて発信されている先生方は本当にスーパースターだなぁと思いました。
今後、私も医師になったらSNSを用いて発信することがあるかもしれません。先生の炎上経験や普段気をつけていることをお聞きできて、私も気をつけよう!と思えました。医師一人の炎上が医療業界全体への不信感に繋がってしまう可能性があり、本当に責任を持って発信しなければならないと思います。
先生方、貴重な学びの機会を、ありがとうございました!とても楽しんで学べました!
いつかオフ会するっておっしゃっていたので…同じお店でこっそりスーパースターズを眺めていたいなぁ!

医学生インターン 松木華帆

 

記事化できたのは、映像のごく一部です!
配信を見逃した方、もう一度見たい方は、医師医学生限定Facebookグループにて視聴いただけます。

【第1部の配信】
JOY女医 !
皆さん、おつかれシャムです。
海を渡ったドクターたち
熱血救急医!
COVID-19時代のヘルステック

【第2部の配信】
SNS時代のスーパースター
スーパー在宅医
適々斎塾の軌跡と未来
医学教育が未来を創る
レジェンドの集い

【第3部の配信】
若手開業医スペシャル
今だからこそ感染症を明るく語ろう
Another dimension!次元の彼方へ
診断推論達人談義

 

各部 レポート記事

第1部 JOY女医!

「JOY女医!」

まだまだ少ない女性医師。普段聞けない貴重な女医会!赤裸々な会話はまるで女医版SATC??必見です!

第2部

「皆さん、おつかれシャムです。」

COVID-19の流行に伴い、生活への影響は大きなものでした。環境や体調の変化で人が変わってしまう??何が起こっているのか、そして一体どうすれば??

第3部

「海を渡ったドクターたち」

世界で活躍する医師たち。日本から旅立った理由も、活動の内容も、個々それぞれ。医師なら誰でも胸が熱くなる会話が繰り広げられました。

第4部

「熱血救急医!」

状況によって柔軟な対応を求められる難しい救急。多岐にわたる対応そして、患者さんは笑かして帰らさなあかん?!

第5部

「COVID-19時代のヘルステック」

COVID-19は医療のあり方にもインパクトを与えました。ヘルステックは今後どうなっていくのでしょうか??

第6部

「SNS時代のスーパースター」

情報発信で世の中に貢献している医師たちの本音。しゅんしゅんクリニックPこと、お笑い芸人として活躍する宮本 駿先生も加わり、新時代の医師の活動について語りました。

第7部

「スーパー在宅医」

コロナの影響で、診療体制も大きな変化がありました。在宅医として活躍する皆さんはどの様な対応をされているのか??リアルなお話。

第8部

「適々斎塾の軌跡と未来」

開業医の、開業医による、医師・医学生のための医学塾「適々斎塾」。終わることのない、医学探究の情熱が画面を通り越して伝わるセッション!

第9部

「医学教育が未来を創る 」

様々な患者さんを治療するため、医師になるにはたくさんの知識と経験が必要になります。その教育に携わることは未来を創ること

第10部

「レジェンドの集い 」

医療界のレジェンドと呼ぶのにふさわしい方々に集結いただき、姿勢を正して!と気合が入りますが、とても和やかな日常を垣間見せていただきながら、様々なエピソードを伺いました。

第11部

「若手開業医スペシャル」

独立して地域医療を展開する開業医。
個々の想いを胸に、奮闘されるリアルな会話が繰り広げられました。

第12部

「今だからこそ感染症を明るく語ろう」

新型コロナの流行でますます需要が注目される感染症内科医。今回の大流行で診察の基本原則を見直すチャンス??ペットも登場!

第14部

「診断推論達人談義」

様々な経験を積むことが、医師として大切な成長要素。1人1人が良い医師になって欲しい、成長を支える先生方の想いが伝わるセッションです。

Antaa〜つながる力〜(医師医学生限定Facebookグループ)にまだ登録されていない方はこちらから👇

オンライン配信の視聴方法

以下のFacebookページにご登録ください!

https://www.facebook.com/groups/AntaaQAgroup/


Antaa〜つながる力〜(医師医学生限定Facebookグループ)にまだ登録されていない方
まずこちらをクリックして参加申請をします! 
https://www.facebook.com/groups/AntaaQAgroup/

グループに参加されましたら、こちらよりつながるちからフェスの配信録画をご覧ください!!

オンライン配信の運営に関わりたい医師・医学生の方募集

配信ノウハウを学び、講師の先生と交流できる!
詳細は下記フォーム↓
https://goo.gl/forms/NDxNSw8GaLuOiKGW2

現場の判断を助ける医師同士の質問解決プラットフォーム「AntaaQA」

「外来で、専門外の症状の診断に不安がある。経過観察をしようか迷う」
「当直で、レントゲンで骨折を疑ったが、読影に不安がある。他に人を呼ぶべきか判断に迷う」
そんな時、AntaaQAでいつでも即相談することができます。
第一線を走る医師たち・同じ悩みをもつ医師に質問ができ、判断に迷ってたあなたの悩みを解決に導く、医師同士の質問解決プラットフォームです。

医師医学生専用のQAサービス

「AntaaQA」は診療中の疑問を医師が互いに答え、知識をシェアする医師専用のサービス。
いますぐ10秒でユーザー登録!

Antaa QAに10秒で登録する。

  コメント - Comments -

コメントは公開されません。


>現場の判断を助ける、医師同士の質問解決プラットフォーム

現場の判断を助ける、医師同士の質問解決プラットフォーム

「外来で、専門外の症状の診断に不安がある。経過観察をしようか迷う」「当直で、レントゲンで骨折を疑ったが、読影に不安がある。他に人を呼ぶべきか判断に迷う。」そんな時は、AntaaQAでいつでも即相談。第一線を走る医師たち・同じ悩みをもつ医師に質問ができ、判断に迷ってたあなたの悩みを解決に導きます。

CTR IMG