CATEGORY

産婦人科

  • 2018年11月12日
  • 2020年5月26日

妊娠週数とともに増加する相対的リスク

毎年、11月を過ぎるとインフルエンザウイルスの患者さんがたくさん救急を受診し、昨年度の患者数は2230万人と報告されています (国立感染症研究所)。 ここでは、救急外来でインフルエンザ陽性となった妊婦や授乳中の方へどのように説明したらいいかをご紹介し […]

  • 2018年5月20日
  • 2020年5月20日

XpからMRI/造影剤まで

被曝 救急外来などで診断のために撮影するCT撮影。患者さんが妊婦の場合,どんなことを考えたらよいのでしょうか。 この記事は、医師同士疑問解決プラットフォーム “Antaa” で実際に行われたやりとりの中から学んでおきたい内容を回答いただいた先生に執筆 […]

  • 2018年4月8日
  • 2020年5月19日

添付文書の見方/患者説明

授乳婦が訴える嘔気嘔吐。 対症療法としてプリンペラン®︎が使えるか、どのように考えたら良いのでしょうか。 この記事は、医師同士疑問解決プラットフォーム “Antaa” で実際に行われたやりとりの中から学んでおきたい内容を回答いただいた先生に執筆いただ […]

>現場の判断を助ける、医師同士の質問解決プラットフォーム

現場の判断を助ける、医師同士の質問解決プラットフォーム

「外来で、専門外の症状の診断に不安がある。経過観察をしようか迷う」「当直で、レントゲンで骨折を疑ったが、読影に不安がある。他に人を呼ぶべきか判断に迷う。」そんな時は、AntaaQAでいつでも即相談。第一線を走る医師たち・同じ悩みをもつ医師に質問ができ、判断に迷ってたあなたの悩みを解決に導きます。

CTR IMG