久保田洋平
AUTHOR

久保田洋平

久保田 洋平(くぼた ようへい)

    ■国立がん研究センター 東病院 消化管内科)
    ■日本内科学会認定内科医, 日本消化器病学会消化器病専門医, 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
    ■2012年昭和大学卒業後、国立病院機構東京医療センターで初期研修。その後、東京医科歯科大学消化器内科に入局し、土浦協同病院および肝疾患の診療で有名な武蔵野赤十字病院で消化器内科医として勤務。現在は国立がんセンター東病院で消化器がんの診療に従事している。

  • 2018年10月9日
  • 2019年8月21日

肝性腹水に対する薬物治療、新規薬剤トルバプタン(サムスカ®︎)の作用機序, 導入タイミング, 副作用, 効果予測因子

肝硬変の体液貯留に対して使用されるバソプレシンV2受容体拮抗薬. 日本で使えるものにはどのようなものがあるのでしょうか. この記事は、医師同士疑問解決プラットフォーム “Antaa” で実際に行われたやりとりの中から学んでおきたい内容を回答いただいた […]

>現場の判断を助ける、医師同士の質問解決プラットフォーム

現場の判断を助ける、医師同士の質問解決プラットフォーム

「外来で、専門外の症状の診断に不安がある。経過観察をしようか迷う」「当直で、レントゲンで骨折を疑ったが、読影に不安がある。他に人を呼ぶべきか判断に迷う。」そんな時は、AntaaQAでいつでも即相談。第一線を走る医師たち・同じ悩みをもつ医師に質問ができ、判断に迷ってたあなたの悩みを解決に導きます。

CTR IMG