和田 武
AUTHOR

和田 武

和田 武(わだ たけし)

■放射線科診断専門医

■千葉大学医学部附属病院画像診断センター特任助教/がん研有明病院画像診断部非常勤医員/聖路加国際病院放射線科非常勤医/アンター株式会社医師統括部

■2016年度聖路加国際病院放射線科チーフレジデント

■第101回北米放射線学会 Cum Laude 受賞

■画像診断.com (https://gazoushindan.com/)

■Twitter (@wadase2)

■臨床(画像診断・IVR),研究,執筆,ホームページ運営,医師のコミュニティ形成などの活動を行っています.画像診断に関することなら何でも,ご相談ください.

  • 2019年5月29日
  • 2019年11月11日

放射線科医が教える上腹部MRIの基本

今回、千葉大学医学部付属病院放射線科の和田 武(Takeshi Wada)先生をお招きし、明日から臨床ですぐ使える上腹部MRIの基本について解説していただきました! * * * 西山 はい、みなさんこんばんは。 今日は千葉大学医学部付属病院放射線科の […]

  • 2019年5月3日
  • 2019年11月11日

リクツで理解する虫垂炎の画像診断

今回、がん研有明病院画像診断部の和田 武 (Takeshi Wada)先生をお招きし、ERで診療を行う医師なら誰もが知っておくべき虫垂炎のCT読影方法について解説していただきました! * * * 中山 はい、みなさん、見えてますかね?もし見えてなかっ […]

  • 2019年5月3日
  • 2019年11月11日

夜間当直CTで役立つスカウト画像の読影方法

今回、がん研有明病院画像診断部の和田 武 (Takeshi Wada)先生に、CTスカウト像の読影法と読影後の選択肢を実際の症例を交えながら解説していただきました! * * * 和田 お待たせしました。これから、Antaaのオンラインセミナーを始めて […]

  • 2019年1月27日
  • 2019年11月11日

医療者からの発信で情報格差の解決を目指す若手外科医。いま、SNSに注力する理由とは?

外科医・大学院生として診療や基礎研究に従事する傍ら、ブログや SNS、ウェブメディアなど様々な媒体で医療情報発信を続ける山本健人(外科医けいゆう)先生。 ブログ「外科医の視点」は開設4ヶ月後に67万PVを達成し、Twitterのフォロワー数は2019 […]

  • 2018年8月18日
  • 2019年8月21日

呼吸器感染症の分類と画像パターン〜病変部位・経過/原因微生物/気管支肺炎と肺胞性肺炎〜

救急外来でよく出会う肺炎、気管支炎. 現場でどのように見分けてるのでしょうか. この記事は、医師同士疑問解決プラットフォーム “Antaa” で実際に行われたやりとりの中から学んでおきたい内容を回答いただいた先生に執筆いただいております。 呼吸器感染 […]

  • 2018年8月7日
  • 2019年8月26日

【ジャパンハート 神白先生のライフストーリー】離島からつながる国際協力への想い,カンボジアで目指す医療と医学教育とは?

 学生時代から国際協力に憧れていた神白麻衣子先生.離島医療を経て,今も発展途上国での医療に貢献し続ける神白先生のライフストーリーと国際協力への想いを語って頂きました.  これは、2018年9月8日(土)にデジタルハリウッド大学大学院で開催された第6回 […]

  • 2018年6月8日
  • 2019年8月27日

FDG-PET検査〜SUVmax, 生理的集積部位と良悪性の考え方〜

FDG-PET 検査で評価するSUVmax の値。腫瘍の良悪性の判断はできるのでしょうか。 この記事は、医師同士疑問解決プラットフォーム “Antaa” で実際に行われたやりとりの中から学んでおきたい内容を回答いただいた先生に執筆いただいております。 […]

>現場の判断を助ける、医師同士の質問解決プラットフォーム

現場の判断を助ける、医師同士の質問解決プラットフォーム

「外来で、専門外の症状の診断に不安がある。経過観察をしようか迷う」「当直で、レントゲンで骨折を疑ったが、読影に不安がある。他に人を呼ぶべきか判断に迷う。」そんな時は、AntaaQAでいつでも即相談。第一線を走る医師たち・同じ悩みをもつ医師に質問ができ、判断に迷ってたあなたの悩みを解決に導きます。

CTR IMG