坂本壮
AUTHOR

坂本壮

坂本 壮(SAKAMOTO SO)

    2008年順天堂大学医学部卒。順天堂練馬病院での初期研修を経て,10年に同院救急・集中治療科入局。11年,13年ベストチューター受賞。「何でも診られる医師」になるための経験を積むべく,15年より西伊豆健育会病院に勤務(現在は非常勤)。17年より現職。
    ■■救急科専門医,集中治療専門医,総合内科専門医,ICLSインストラクター。
    ■■著書『救急外来ただいま診断中!』(中外医学社)
    『ビビらず当直できる内科救急のオキテ』(医学書院)
    『救急外来 診療の原則集―あたりまえのことをあたりまえに』(シーニュ社)

  • 2018年7月4日
  • 2019年8月27日

心肺蘇生患者マネジメント〜蘇生中止基準, 心エコー, EtCO2 , 家族への病状説明〜

ER、病棟、院外、様々な場所で出会う可能性のある心肺停止。いったい何を目安に心肺蘇生を続けるべきなのでしょうか。  この記事は、医師同士疑問解決プラットフォーム “Antaa” で実際に行われたやりとりの中から学んでおきたい内容を回答いただいた先生に […]

>現場の判断を助ける、医師同士の質問解決プラットフォーム

現場の判断を助ける、医師同士の質問解決プラットフォーム

「外来で、専門外の症状の診断に不安がある。経過観察をしようか迷う」「当直で、レントゲンで骨折を疑ったが、読影に不安がある。他に人を呼ぶべきか判断に迷う。」そんな時は、AntaaQAでいつでも即相談。第一線を走る医師たち・同じ悩みをもつ医師に質問ができ、判断に迷ってたあなたの悩みを解決に導きます。

CTR IMG