教えることは、学ぶこと。若手医師だって指導医だ!〜“Residents as teachers”のすすめ〜【橋本忠幸先生インタビュー】

2020年9月11日(金)に「若手だって指導医だ!Residents-as-Teachers」と題し、橋本市民病院で若手医師向けの指導医講習に取り組まれている橋本忠幸先生に後輩医師の指導についてレクチャーいただきました。

そこでは語り尽せなかった先生の思いをさらに語っていただくために、配信で司会を担当した滋賀医科大学附属病院 呼吸器内科の山本晴香先生に聞き手になっていただき、配信後インタビューを実施しました。どんな学生・研修医時代を過ごされたのか、印象に残っている指導医の言葉、「Residents as teachers」との出会いなど、配信中では聞けなかったお話が満載です。

橋本忠幸先生 プロフィール

橋本忠幸先生

橋本市民病院 総合内科 副医長
2010年 大阪医科大学卒業
2010年 和歌山県立医科大学附属病院にて初期研修
2012年 福岡県株式会社麻生飯塚病院総合診療科 後期研修医、チーフレジデント
2015年 現職

MPH(公衆衛生学修士)
総合内科専門医、救急専門医

留学生から学んだ「世界との違い」〜医学生時代〜

山本先生
本日は配信ありがとうございました。 レクチャーのテーマは「若手だって指導医だ!Residents-as-Teachers」でしたが、橋本先生ご自身はどのような学生時代を過ごされましたか? 特に力を入れたことなどありますか?
橋本先生
医学部の兄が3人もいたのでいろいろと情報が入り、「医者にとって医学以外で必要なのは英語とゴルフ」と教わりました。
英語は高校時代から好きだったのですが、さらに頑張ってESSというかなり真剣な英会話サークルで6年間頑張りました。ゴルフ部も頑張って、西医体で優勝しましたね。
山本先生
すごいですね!
橋本先生
勉強もそれなりに頑張ったつもりで、現・大阪医療センター 総合診療科の松本謙太郎先生(以下、マツケン先生)の勉強会に参加したり、自分で運営したりしていました。

通っていた大阪医科大学では、色々な国から交換留学生が来るんです。5年生のポリクリの時期に留学生のお世話係をしていました。そこでハワイの学生と話していたときに、「私たちの世話もありがたいけど、ちゃんと病院行ってもいいんだよ」と言われたんです。

「さすがアメリカの学生は違うな」と思ったのですが、アメリカだけじゃなくて、タイやオーストラリアなど他の国の留学生全員からも同じことを言われました。

これがとてもショックで。日本とアメリカが違うのではなく、日本と世界が違うのか、と気づきました。それ以来マツケン先生のところで色々勉強するようになりました。

配信では視聴者の意見も交えながら「指導医」について考えました。

距離を置いて見守る指導医〜初期研修時代〜

山本先生
初期研修では和歌山医大に行かれていますが、指導医の先生との出会いはありましたか?
橋本先生
まず大学病院の良いところとして、人が多いんですよね。熱心に指導してくれる先生も大勢いて、とても充実した2年間でした。

人生の師匠と思えるような先生との出会いもありました。和歌山医大では、「救急のローテーションが登竜門」みたいなところがあるんです。2回も救急をまわり、2回目では「この病棟を担当するように」と言われました。辛かったけど、自分が一番伸びたと感じています。

 
山本先生
当時、指導医の先生からのフィードバックはありましたか?
橋本先生
正直あまり多くはなかったです。ですが僕の師匠にあたる先生が、自分が変なことをしないかと距離を置いて見守ってくれて、修正が必要な時はこっそり電話をくれました。

山本先生
すごいですね。
橋本先生
僕は結構、口出しする方なのですが、この先生みたいに、一歩引いて見る指導もあるんだなと思いました。

チーフレジデントとしての苦労〜後期研修時代〜

山本先生
後期研修では飯塚病院に行かれていますが、きっかけは何でしたか?
橋本先生
総合内科を勉強できる所は今でこそいくつかありますが、当時はそんなに多くありませんでした。僕の中ではもう一つの病院も考えていたのですが、飯塚病院に行ってみると、みんな「学園祭の1日前」みたいなテンションなんですよ。
 
山本先生
学園祭の1日前(笑)。
橋本先生
しんどそうにしているけれど、楽しそう。「やべえ、やべえ」って言いながら笑っている、みたいな。

「勉強になりそうだな」というより、「ここで研修したら楽しそうだな」という印象が強かったです。

山本先生
飯塚病院でチーフレジデントをされていましたが、その時に苦労したことはありますか?
橋本先生
山ほどあります。僕の同期だけなぜか多くて15人いたんです。
山本先生
15人!めちゃくちゃ多いですね。
橋本先生
そこから各専門内科に行く先生も多かったので、最終的に総合内科は自分含め7人でした。この同期6人がとてもキャラクターが濃く、この6人をまとめていました。

ただその6人が6人とも、タイミングによってはチーフレジデントをやってもいいような能力の持ち主でした。なので同期の彼らにいかに上手く仕事してもらうか、気持ちよく仕事してもらうか、が僕の中で仕事として結構大変でした。

山本先生
その人の適材適所を見抜いて振り分けていくことをやられていたのですね。

ハワイ大学での“Residents as teachers”との出会い

山本先生
飯塚病院時代に、ハワイ大学の短期留学に行かれたと伺いました。
橋本先生
だいぶ特殊で、飯塚病院の海外病院との連携ではなく、学生時代のつてで行きました。向こうの医学教育センターの先生と親しかったので、別の理由でメールをしたところ、

「内科レジデントでの1ヶ月の選択期間に『医学教育』というのがあるから、よかったらおいで」

と言われました。それはぜひ行きたいと思い、留学しました。

山本先生
学生時代のつながりが回り回ってつながったんですね。
橋本先生
このハワイの先生が僕にとっての医学教育の師匠で、先生を見て医学教育に興味を持ちました。
山本先生
ハワイ大学の医学教育プログラムを受けて得たことはどのようなことですか?
橋本先生
学生相手にPBLのチューターを英語で実践できたのがとても大きかったです。ですが1番は、「Residents as teachers」という言葉をそこで知ったことですね。
山本先生
今回のレクチャーのタイトルにもなっていますね!
橋本先生
それまで「屋根瓦式」の真ん中を上手くトレーニングするにはどうしたらいいんだろうと悩んでいたのですが、「Residents as teachersで磨けばいい」と教わり、「レジデント向けの教育スキルの開発をやったらいい」と言われたのが今につながっています。

間にいる専攻医が抜けてしまうと指導医から研修医・学生への流れが止まってしまう。

若手医師の教育・指導能力を育む“RaTsプログラム”

山本先生
本日のレクチャーで出てきた「RaTsプログラム」では、具体的に何をされているのですか?
橋本先生
RaTs(Residents as  teachers;“ラッツ”と読む)プログラムとは、研修医・専攻医に対する指導医講習会のことで、若手医師に教育・指導能力を獲得してもらう事を目的とした学習プログラムです。
山本先生
RaTsはいつから進められているんですか?
橋本先生
RaTsのフェローシップが始まったのは、3年前からです。

それまでは日本プライマリ・ケア連合学会などで単発のワークショップは何回かしていました。ですが「単発のワークショップではなく、続けてやらないと意味がない」というデータがあったので、1年間通して実施できるカリキュラムを作るのが目標でした。

それが今やっているRaTsフェローシップですね。

“最初に思いつく指導医”は飯塚病院時代の2個上の先輩

山本先生
配信内で先生が視聴者にされていた質問、「最初に思い浮かぶ指導医は誰ですか?」を先生にもお聞きしていいですか?
橋本先生
飯塚病院時代の2個上の先輩ですね。

僕が入ったときにちょうど専攻医が増え、専攻医の中でのマネジメントをしていくべきではないかと、入ってきたばかりの僕らが言い出しました。

最初は怒られるかなと思ったのですが、2個上のちょっと怖く感じていた先生が、「それは絶対にやるべきだ」と言ってくださり、それで進めることができました。

それがとても嬉しく、以来その先生には今でも色々と相談に乗ってもらっています。「ちょい先輩」のなかで浮かぶのは、その先生ですね。

「先生のやっていることは全部あっているから、自信もってやっていいよ」

山本先生
先生にとって、その指導医の先生との1番の思い出とかってありますか?
橋本先生
5年目で飯塚病院で重症チーム(HCU担当部門)にいたとき、後輩の専攻医が2人いて、僕は指導側の立場でした。ですが当時の僕は、重症ケアにそんなに慣れていなかったのです。

でも悪いことって、指導医の先生がいないときに限って起こるじゃないですか。

山本先生
ありますよね。タイミングが悪いときに限って。
橋本先生
半泣きになりながら専攻医たちと一緒に対応していたのですが、これはもう耐えきれないと思い、指導医の先生に電話しちゃったんです。それで状況を報告したら、

「先生のやっていることは全部あっているから、自信もってやっていいよ」

と言われました。

山本先生
ポジティブフィードバックですね!
橋本先生
「大丈夫だろう、間違いないだろう」と言われて、とても安心しました。このフィードバックが僕の中では1番思い出に残っています。
山本先生
とてもいいポジティブフィードバックですね。聞いていてとてもほっこりしました。

“Teaching is learning twice”〜若手だって指導医だ!〜

橋本先生
山本先生も、思い出に残っているフィードバックはありますか?
山本先生
心に一番残っている指導医の先生が、私の回答全部にポジティブフィードバックをしてくれる先生でした。

呼吸器内科の先生なんですが、「右左どっちに影がある?」という質問に、「左!」と答えても、「惜しい!右!」と言うような先生で(笑)。

言ったことを否定しないので、安心して発言できましたね。

橋本先生
そういうのを「安全な学習環境」と言って、結構大事なんですよね。

医学教育に興味を持っている人は多いけれども、「師匠クラスにならないと医学教育をしてはいけない」と思っている人も同じくらいいるのではないかなと思います。でもそうではないんだよ、ということを伝えたいです。

総合内科って神クラスの人が大勢いるじゃないですか。

山本先生
いっぱいいますね。
橋本先生
そんなすごい人を見ていると、「自分にはちょっと無理だな」と思ってしまうことが多い。でもそのもう少し手前の、一人前といわれる人はもっと大勢いて、そこを目指したらいいのではないかな、と思います。

医学教育も同じで、「マスタークラスにならないとやってはいけない」とかではなく、一人前ぐらいになったらもうやっても差し支えないし、なんなら一人前になるために医学教育をするのもあります。

ありふれた言い方ですが、“Teaching is learning twice(教えることは、二度学ぶこと)” とよく言うじゃないですか。

指導することで自分の心の中が洗練されたり、新しいことを学ぼうとする勇気が湧くと思います。

山本先生
そうですよね。師匠クラスにならないと教えちゃダメってことないですからね。

やはり人によっては、自分が教えるのはどうかなって躊躇ってしまったりすると思います。フィードバックのメソッドなど、今日の先生のレクチャーで少しでも伝わればいいなと思います。

橋本先生、本日はありがとうございました!

現場の判断を助ける医師同士の質問解決プラットフォーム「AntaaQA」

「外来で、専門外の症状の診断に不安がある。経過観察をしようか迷う」
「当直で、レントゲンで骨折を疑ったが、読影に不安がある。他に人を呼ぶべきか判断に迷う」
そんな時、AntaaQAでいつでも即相談することができます。
第一線を走る医師たち・同じ悩みをもつ医師に質問ができ、判断に迷ってたあなたの悩みを解決に導く、医師同士の質問解決プラットフォームです。

医師医学生専用のQAサービス

「AntaaQA」は診療中の疑問を医師が互いに答え、知識をシェアする医師専用のサービス。
いますぐ10秒でユーザー登録!

Antaa QAに10秒で登録する。

  コメント - Comments -

コメントは公開されません。


>現場の判断を助ける、医師同士の質問解決プラットフォーム

現場の判断を助ける、医師同士の質問解決プラットフォーム

「外来で、専門外の症状の診断に不安がある。経過観察をしようか迷う」「当直で、レントゲンで骨折を疑ったが、読影に不安がある。他に人を呼ぶべきか判断に迷う。」そんな時は、AntaaQAでいつでも即相談。第一線を走る医師たち・同じ悩みをもつ医師に質問ができ、判断に迷ってたあなたの悩みを解決に導きます。

CTR IMG