【2020年7月15日(水)20:00~オンライン配信】「ケアとまちづくり、ときどきアート」出版記念!

来たる2020年7月15日(水)に、「ケアとまちづくり、ときどきアート」出版記念オンライン配信を開催致します。

ご出演して頂くのは「ケアとまちづくり、ときどきアート」を執筆された三人の先生方です。

先生方が本を出版するに至った経緯や、今後の医療のありかたなどについてお話いただきます。

奮ってご参加ください!

イベント概要

開催日時

2020年7月15日(水)20:00〜21:00

参加資格者

「AntaaQA」または、医師医学生限定Facebookグループ「Antaa〜つながる力〜」に登録済みの医師・医学生の方

参加方法

アプリ「AntaaQA」またはFacebookグループ「Antaa〜つながる力〜」

参加費

「AntaaQA」または「Antaa〜つながる力〜」に登録済みの方は、無料で参加できます。

目的・内容

  • 各々の活動紹介、これまでの経歴など
  • 出版に至った経緯や想い
  • 「ときどきアート」を交えることで生まれる可能性
  • これからのケアとまちづくりについて

登壇者紹介

  

西智弘先生(川崎市立井田病院かわさき総合ケアセンター)

2005年北海道大学医学部卒。日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医。室蘭日鋼記念病院で家庭医療を中心に初期研修後、川崎市立井田病院で総合内科/緩和ケアを研修。その後、2009年から栃木県立がんセンターにて腫瘍内科を研修。2012年から現職。抗がん剤治療を中心に、緩和ケアチームや在宅診療にも関わる。一方で、一般社団法人プラスケアを2017年に立ち上げ「暮らしの保健室」「社会的処方研究所」の運営を中心に、地域での活動に取り組む。著書に『社会的処方』(学芸出版社)など。

 

守本陽一先生(公立豊岡病院組合立出石医療センター総合診療科)

1993年神奈川県生まれ、兵庫県出身。家庭医療専攻医。学生時代から医療者が屋台を引いて街中を練り歩くYATAI CAFE(モバイル屋台 de 健康カフェ)や地域診断といったケアとまちづくりに関する活動を兵庫県但馬地域で行う。現在も専門研修の傍ら、活動を継続中。日本学生支援機構優秀学生顕彰優秀賞。ソトノバアワード2019審査員特別賞。

 

藤岡聡子先生(株式会社ReDo代表取締役・福祉環境設計士)

1985年生まれ、徳島県生まれ三重県育ち。夜間定時制高校出身。2010年、24歳で介護ベンチャー創業メンバーとして老人ホームを立ち上げた時から「老人ホームにはなぜ老人しかいないのだろう?」と問いを持ち続け早10年。2015年デンマークへ短期留学、その後起業。2017年豊島区にあるゲストハウスの1階で「長崎二丁目家庭科室」をつくり、住んでいる人の「好き」を起点にした表現の場に1000人以上が訪れた。

2019年長野県軽井沢町に3人の子を連れて家族で移住。2020年4月に診療所と大きな台所がある所「ほっちのロッジ」を開始。在宅医療拠点を“ケアの文化拠点”と名付け、人の流れが生まれる、生き物のような場をつくろうと試みている。

オンライン配信の視聴方法

以下のFacebookページにご登録ください。

https://www.facebook.com/groups/AntaaQAgroup/

👉「Yes」の方は配信時間になりましたらこちらへどうぞ↓↓
https://www.facebook.com/groups/AntaaQAgroup/


👉「No」の方はまずこちらをクリックして参加申請をします! 
https://www.facebook.com/groups/AntaaQAgroup/

配信時間になりましたらこちらへどうぞ↓↓
https://www.facebook.com/groups/AntaaQAgroup/

 

 

現場の判断を助ける医師同士の質問解決プラットフォーム「AntaaQA」

「外来で、専門外の症状の診断に不安がある。経過観察をしようか迷う」
「当直で、レントゲンで骨折を疑ったが、読影に不安がある。他に人を呼ぶべきか判断に迷う」
そんな時、AntaaQAでいつでも即相談することができます。
第一線を走る医師たち・同じ悩みをもつ医師に質問ができ、判断に迷ってたあなたの悩みを解決に導く、医師同士の質問解決プラットフォームです。

医師医学生専用のQAサービス

「AntaaQA」は診療中の疑問を医師が互いに答え、知識をシェアする医師専用のサービス。
いますぐ10秒でユーザー登録!

Antaa QAに10秒で登録する。

  コメント - Comments -

コメントは公開されません。


>現場の判断を助ける、医師同士の質問解決プラットフォーム

現場の判断を助ける、医師同士の質問解決プラットフォーム

「外来で、専門外の症状の診断に不安がある。経過観察をしようか迷う」「当直で、レントゲンで骨折を疑ったが、読影に不安がある。他に人を呼ぶべきか判断に迷う。」そんな時は、AntaaQAでいつでも即相談。第一線を走る医師たち・同じ悩みをもつ医師に質問ができ、判断に迷ってたあなたの悩みを解決に導きます。

CTR IMG