• 2018年2月15日
  • 2020年5月18日
  • 102063view

ガイドライン/分類/術式/手術/リハビリ

「この骨折はガーデン何型?」と聞かれて答えられますか? 「がーでん??」と不安でいっぱいの方は、是非このページをパッと読むことをおすすめします。 この記事は日本のガイドラインをもとに、ERや整形外科をローテートする研修医に向けて、最低限おさえるべき、 […]

  • 2018年5月17日
  • 2020年12月31日
  • 20395view

準備/血管選択/困難事例/メンタル

研修医が最初に経験する末梢静脈確保。 必ず成功させるために、どんなことに気をつければよいのでしょうか。 この記事は、医師同士疑問解決プラットフォーム “Antaa” で実際に行われたやりとりの中から学んでおきたい内容を回答いただいた先生に執筆いただい […]

  • 2018年2月2日
  • 2020年5月19日
  • 17521view

ガイドライン/原因/症状/診断/治療(抗生剤/期間/手術)/予後

今まさに化膿性脊椎炎の患者を診ている方もいるのではないでしょうか。この記事では2015年のIDSAのガイドライン *1と、関連する文献を元に原因、症状、診断、抗生剤の選択、治療期間、手術適応、予後についてまとめました。 時間のない人のために目次も用意 […]

  • 2018年8月17日
  • 2020年5月26日
  • 14812view

湿潤環境管理/疼痛管理/穿刺するか水疱蓋を切り取るか/外用薬/被覆材

病棟や外来、在宅診療などでよく出会う水疱の処置。どのような対応が適切なのでしょうか. この記事は、医師同士疑問解決プラットフォーム “Antaa” で実際に行われたやりとりの中から学んでおきたい内容を回答いただいた先生に執筆いただいております。 精神 […]

  • 2018年8月7日
  • 2020年12月31日
  • 13574view

定義/薬剤選択/治療期間

PCI 経皮的冠動脈形成術後、抗血小板剤を2剤併用するDAPT Dual Anti-Platelet Therapy. その後, どのように考えて調整していけばよいのでしょうか. 内科4年目 経皮的冠動脈形成術後のDAPT Dual Anti-Pla […]

  • 2018年12月19日
  • 2020年10月22日
  • 13277view

記載例と考え方

介護保険主治医意見書って書いたことありますか? 「どうして書かないといけないんだ!?」 「書き方が分からない…」なんて感じたことはありませんか? はじめまして、愛知県にある豊田地域医療センター総合診療科の近藤敬太と申します。 老人保健施設の運営や介護 […]

  • 2018年7月7日
  • 2021年1月18日
  • 10639view

分類(大離脱, 小離脱)/飲酒量/起きてしまった時の治療/予防

アルコール多飲者が入院した時考えるアルコール離脱せん妄. いざ起きてしまった時, どのように対応するのでしょうか. この記事は、医師同士疑問解決プラットフォーム “Antaa” で実際に行われたやりとりの中から学んでおきたい内容を回答いただいた先生に […]

  • 2018年7月5日
  • 2020年12月31日
  • 9134view

NICEガイドライン/リスク評価/救急外来での注意点/早期介入

低カリウム、低リン血症の患者で疑うRefeeding syndromeリフィーディングシンドローム. どのような時に疑い, どのように対応するのでしょうか. この記事は、医師同士疑問解決プラットフォーム “Antaa” で実際に行われたやりとりの中か […]

  • 2018年12月31日
  • 2020年12月31日
  • 8658view

非循環器医のための洞不全症候群と房室ブロック

  「術前検査で房室ブロックだったが、どう対応したらよいか」 「心電図をとったら洞不全症候群だった。ペースメーカーの適応なのか判断がつかない」 病棟や外来で洞不全症候群(Sick Sinus Syndrome: SSS)や房室ブロック(At […]

  • 2018年5月20日
  • 2020年5月20日
  • 7899view

XpからMRI/造影剤まで

被曝 救急外来などで診断のために撮影するCT撮影。患者さんが妊婦の場合,どんなことを考えたらよいのでしょうか。 この記事は、医師同士疑問解決プラットフォーム “Antaa” で実際に行われたやりとりの中から学んでおきたい内容を回答いただいた先生に執筆 […]

>現場の判断を助ける、医師同士の質問解決プラットフォーム

現場の判断を助ける、医師同士の質問解決プラットフォーム

「外来で、専門外の症状の診断に不安がある。経過観察をしようか迷う」「当直で、レントゲンで骨折を疑ったが、読影に不安がある。他に人を呼ぶべきか判断に迷う。」そんな時は、AntaaQAでいつでも即相談。第一線を走る医師たち・同じ悩みをもつ医師に質問ができ、判断に迷ってたあなたの悩みを解決に導きます。

CTR IMG