【オンライン勉強会】健康格差と健康の社会的決定要因

白神
本日は関西のスタジオから、岡山家庭医療センターの横田雄也先生に、
病気になるのは本当に自己責任?健康格差と健康の社会的決定要因
という題名でお話ししていただきます。よろしくお願いします!
 
横田

よろしくお願いします!早速ですが始めさせていただきます。            

自己紹介ですね。
出身香川県で、2017年に岡山大学の医学部医学科を卒業しまして、まだ医師3年目となっております。

 

白神
お若い!! ですがとても活躍されている先生とお聞きしました!
横田
初期研修は2年間、岡山協立病院という中小規模で地域に根ざした病院で行いました。

今は、岡山家庭医療センターで総合診療の専門研修を行なっています。専攻医1年目です。

今入っている団体としては、中四国若手医師フェデレーションの代表プライマリ・ケア連合学会の専攻医部会中国ブロックの幹事です。
もう一つ入っている団体として、Team SAILという団体があります。
今日お話しさせていただく健康の社会的決定要因などを臨床に組み込んで活かしてもらいたく、その普及を行っている団体です。
若手医師、中堅医師、看護師、ソーシャルワーカーの人たちと一緒に活動させてもらっています。

 

白神
ありがとうございます!
では、本日の目標宣誓をお願いします。
 
横田
本日の目標です!
身近に潜む、健康格差の問題を知ること
・健康格差を生む健康の社会的決定要因を知ること
・臨床でSDHを意識してスクリーニングすることができるSocial Vital SIgnsを知ること
です。

横田
聞きなれない単語が3つどんどん出てきたんですけれども(笑)
今日はこの3つについて、終わった後に「そういうことだったのか!」とわかるように説明します!!
おそらく、明日からどのように臨床に臨んでいけるのか、臨床に対する姿勢がちょっと変わるのではないかと思います。
 
白神先生
ありがとうございます!よろしくお願いします。
 
 
横田
早速なんですけれども、このスライドに出ているような言葉を臨床のなかで聞いたことがありますか?

横田
僕はよく聞きました。
例えば、「心が弱いから薬物依存やアルコール依存になるんだよな」とか、
糖尿病は好き勝手食べてばっかりでなるから自己責任だよ」とか。
 
白神
「甘いもの食べちゃうから糖尿病になるんだよ、それ食べるのやめたらいいのに」みたいなことも聞きますね。
 
横田
あとは、「生活保護のくせに文句ばっかり言ってきやがって」とか。
白神
言っちゃダメですけど、リアルでは多く聞いてしまう言葉ですね。
 
 
横田
聞きなれない言葉かもしれないんですけど、スティグマという言葉があります。
特定の属性を持つ人にネガティブなレッテルをはる行為のことです。
意志の力、つまりその人が頑張ったら乗り越えられるだろうと思われやすいことに対してスティグマを向けられやすいです。
先ほどの薬物依存生活保護を受けている人、精神疾患を持つ方など、そういった属性の方に向けられやすいです。

 

横田

このようなスティグマ的な話を聞いていると、もやもやすることがあります。
自己責任ってよく聞くと思うんですけど、本当にこれ自己責任なのかなぁと思ったんですね。

一つ例を出します。  
あなたはとある病院の内科医です。

横田

お酒もたくさん飲まれて、体重もやはり増えてますね。
血液検査について医学的な面だったら、
耐糖能異常がどうか評価したり
HOMA-βやHOMA-IR、C-ペプチドインデックスを出したり
「最近の食生活どうですか」って聞いたり
することはあると思います。

なんで最近この方血糖コントロール悪いのかな、どうしてあげたらいいんだろうと思うことも多いと思うんですよね。

そして、臨床で「食事療法や運動療法頑張ってみましょうか!」と言ったら…

白神
これが理想的ですよね!?
すごい、わかりのいい患者さんですね!!
横田
そうですよね!
でも、こんなことは実際なかなかないんです。
この患者さんもそうはいかず…

白神
こういった背景があったんですね。

 

横田

よく生物ー心理ー社会モデル(BPSモデル)というモデルでアプローチします。

生物・心理・社会的要素について、患者さんに聞いてみるんです。

それぞれの要素が個々に独立しているというよりは、全部相互に関係していると考えて、
全体を見て患者さんのことを把握してみようというモデルです。
これを使って、この患者さんどうなのかなとアプローチしていくことが多いですね。

横田
社会的要素というのがこのモデルに含まれていますね。

そこで、本当にこの患者さんは自己責任という言葉で片付けていいのかと思うわけです。

横田

ここで出てくるのが、今日のポイント1つ目です!!

健康格差という単語です。

健康格差とは、地域や社会経済状況の違いによる集団における健康状態の差と定義づけられています。

 

横田
早速ですがクイズです!

白神
Antaaマークが付いてる!
ありがとうございます!!
横田
30秒でできるお仕事です(笑)
 

白神
みなさんよかったら答えてください!
B,Cあたりが多いですかね?
 
①すでにFacebookの「Antaa〜つながる力〜」グループにご参加済みの方は、下記ボタンから続きを視聴
 
②まだFacebookの「Antaa〜つながる力〜」にご登録されていない方は、下記手順よりグループへの参加申請をお願いいたします。
(1)Antaa~つながる力~(医師・医学生限定のFacebook ページ)に参加の申請をします。(下記ボタンより↓)
 
(2)Facebook の限定ページ(Antaa~つながる力~)の「グループに参加」ボタンを押す。
 
(3)必要事項を入力しSubmitを押します。承認が下りると、Facebookより通知が届きます。これで限定Facebookグループへの参加は完了です!
 

医師医学生専用のQAサービス

「AntaaQA」は診療中の疑問を医師が互いに答え、知識をシェアする医師専用のサービス。
いますぐ10秒でユーザー登録!

Antaa QAに10秒で登録する。

  コメント - Comments -

コメントは公開されません。


>現場の判断を助ける、医師同士の質問解決プラットフォーム

現場の判断を助ける、医師同士の質問解決プラットフォーム

「外来で、専門外の症状の診断に不安がある。経過観察をしようか迷う」「当直で、レントゲンで骨折を疑ったが、読影に不安がある。他に人を呼ぶべきか判断に迷う。」そんな時は、AntaaQAでいつでも即相談。第一線を走る医師たち・同じ悩みをもつ医師に質問ができ、判断に迷ってたあなたの悩みを解決に導きます。

CTR IMG