【京都】2019/11/17 United Medical Leaders京都 『臨床』について再考する 医療に潜む本音とウソ

申し込みページ

申し込みURL:https://forms.gle/Lyw43GoDgWgfdFUi8

概要

・・臨床、その語源。医聖ヒポクラテスは「医療で一番大切なことはクリニコス(klinikos)である」と弟子に示したと伝えられている。このクリニコスというのは「病人の枕元で話を聞くこと」であった。クリニコスはその後、クリニカル(clinical)となり、これを明治の先人が「臨床」と訳したとされる。

「病の床で臨(のぞ)む」
明治の先人たちは、この言葉に一体、どんな想いを込めたのだろう。
 新たに令和という時代になり、明治から3つの年号が過ぎ去った。革命的な医療技術の進展によって飛躍的にのびた診断と治療の技術。しかし、そういった時代を経た今、医師は患者の話を「聞く」よりも自分の話を「聞かせる」ことが仕事であると考えるようになってはないだろうか。連綿と古代から守り継がれてきたはずの「臨床」の心。それがいま、あいまいになりつつある。

 今回のUMLでは「『臨床について再考する〜医療に潜むウソと本音〜」をテーマに
・患者が紡ぐ物語性としての医療を、どう紐解くか
・なぜ患者は「ウソ」をつくのか
・そもそも「臨床」とはなんなのか
を再考できる場を提供したい。
上記のテーマを紐解くヒントとして、以下2名の講演いただく。

1人目は、國松淳和先生。
 「原因のわからない病気の診断と治療の専門医」であり、最近「仮病の見抜き方」「病名がなくともできること」などの本を執筆された新進気鋭の総合内科医。彼が紡ぎはじめた本は、単なる医学書ではない。医学としての知識でもテクニックでも、説明をつけることはできない。
 國松先生自身が「臨床医としての集大成」とも呼ぶ「仮病の見抜き方」という本が紡がれた経緯と臨床経験を振り返っていただくとともに「『臨床医』になるには」というテーマで講演をしていただく。

もう1人は、医療人類学者である島薗洋介先生。
 國松先生に講演いただく『臨床医』という医師側からの側面とは別に、主に患者側視点からの医療の考え方や行動原理について、特に
・患者が紡ぐ物語性としての医療をどう紐解くか
・なぜ患者は「ウソ」をつくのか
といった内容を医療人類学という学問性にふれつつ臨床について考えるヒントを頂ける講演いただく。

イベントタイトル

「『臨床』について再考する〜医療に潜むウソと本音〜」

日時

2019年 11月17日 14時〜18時(18時30分〜懇親会あり)

場所

京都みやこ めっせ 地下1階 大会議場 https://www.miyakomesse.jp/planner/ 

対象

10年目以下の医師医学生 & 気持ちは若い11年目以上の医師

参加費

医学生1000円、医師2000円
懇親会参加費:4000円前後を予定

※前夜祭あります!
11月16日(土) 16時〜 前夜祭 
京町家を貸し切り宿泊勉強会&懇親会(先着16名のみ)
→宿泊先:http://www.yoil.co.jp/mghouse/room/ichi-tsu/

タイムスケジュール

13時半 会場/
14:00-14:15 オープニング
14:15-14:45 島薗洋介先生ご講演
「病の語りから治療のドラマへ」
14:45-15:00 質問
15:00-15:15 休憩
15:15-15:45 國松淳和先生講演
「『臨床医』になるために」
15:45-16:00 休憩
16:00-17:30 ワークショップセッション
17:30-18:00 クロージング
18:30- 懇親会(飲み会)

登壇者

國松淳和

 「原因のわからない病気の診断と治療の専門医」であり、最近「仮病の見抜き方」「病名がなくともできること」などの本を執筆された新進気鋭の総合内科医。彼が紡ぎはじめた本は、単なる医学書ではない。医学としての知識でもテクニックでも、説明をつけることはできない。
 國松先生自身が「臨床医としての集大成」とも呼ぶ「仮病の見抜き方」という本が紡がれた経緯と臨床経験を振り返っていただくとともに「『臨床医』になるには」というテーマで講演をしていただく。

島薗洋介

医療人類学者。 國松先生に講演いただく『臨床医』という医師側からの側面とは別に、主に患者側視点からの医療の考え方や行動原理について、特に
・患者が紡ぐ物語性としての医療をどう紐解くか
・なぜ患者は「ウソ」をつくのか
といった内容を医療人類学という学問性にふれつつ臨床について考えるヒントを頂ける講演いただく。

申し込みページ

申し込みURL:https://forms.gle/Lyw43GoDgWgfdFUi8

医師医学生専用のQAサービス

「AntaaQA」は診療中の疑問を医師が互いに答え、知識をシェアする医師専用のサービス。
いますぐ10秒でユーザー登録!

Antaa QAに10秒で登録する。

  コメント - Comments -

コメントは公開されません。


>現場の判断を助ける、医師同士の質問解決プラットフォーム

現場の判断を助ける、医師同士の質問解決プラットフォーム

「外来で、専門外の症状の診断に不安がある。経過観察をしようか迷う」「当直で、レントゲンで骨折を疑ったが、読影に不安がある。他に人を呼ぶべきか判断に迷う。」そんな時は、AntaaQAでいつでも即相談。第一線を走る医師たち・同じ悩みをもつ医師に質問ができ、判断に迷ってたあなたの悩みを解決に導きます。

CTR IMG